筋トレとダイエット!ダイエッター必見 最短・最速で筋肉を付けるための重要ポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

最短・最速で筋肉を付けるための重要ポイント

今日は、この「筋トレ講座」の核となる、
「ある1つの重要ポイント」
について、説明していきます。
この、「ある1つの重要ポイント」を理解と実践することで、
あなたの筋肉増強パワーは最大限に高まり、
最も効率的に、最短・最速で筋肉を付けることが出来るのです。


この重要なポイントをきちんと実践するためには、
まずその理論について、きちんと理解していきましょう。
きちんとした理論の上に、実践テクニックが成り立ちますので、
決して形だけの真似事にならないようにしっかりと学んでください。
そして、筋トレの真実を知ってください。

    今日も1票ありがとうございます!!
☆Ctrlキーを押しながら、クリックしていくと速いです☆
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
とれまが
JRANK

  最短・最速で筋肉を付けるための
      【重要ポイント】


筋肉というのは、大きな負荷が加わると、
その負荷に抵抗するように力を発揮することで、
「筋収縮」を起こします。
ただし、動作の最初から最後まで、同じ力が発揮されているわけではありません。


例えば、
腕をまっすぐ伸ばした状態から、力こぶを作るように、
腕を徐々に曲げてきて、
一番曲がった位置にまで動かした場合、
上腕ニ頭筋の収縮に変化があるのが分かると思います。
腕をまっすぐ伸ばした位置では、
上腕ニ頭筋は全く収縮しておらず、伸びた状態ですから、力こぶは作れません。
つまり、
上腕ニ頭筋は力を出していないのです。
しかし、
その位置から徐々に腕を曲げてくるに伴い、
上腕ニ頭筋もだんだん収縮してきて、力こぶにも力が入り、
固くなってくるのが分かると思います。
そして、
腕を一番曲げた位置が、最も力こぶが固くなり、
最も筋肉が収縮していることが分かります。

このように、筋肉には、最もその筋肉が収縮する、最大収縮位置というものがあります。
そしてこの最大収縮位置では、筋肉が最も強く収縮し、最も大きな力を発揮しているのです。
ですから、
筋肉に最大限に刺激を与えるためには、
この最大収縮位置で、ある一定の時間(5~7秒程度)、
筋収縮を維持させておくことが必要なのです。

先ほどの力こぶの例で言えば、
上腕ニ頭筋が最も刺激を受けるのは、腕を一番曲げた位置であり、
その位置が、上腕ニ頭筋の最大筋収縮位置になるのです。


つまり、
上腕ニ頭筋を大きくしようと思ったら、
この最大筋収縮位置で負荷をしっかりと受け止め
5~7秒ほど静止維持
して、
筋肉をしっかりと収縮させることが必要なのです。

ところが、
多くの筋トレ本を見ると、「1秒で上げて、2秒で下ろす」とは書いてあっても、
最も重要な、「最大筋収縮位置でどうするか」については、
すっぽり抜け落ちているのです。
「1秒で上げて2秒で下ろす」だけでは、
筋肉に最大限に刺激を与えることは出来ません。
筋肉に最大限に刺激を与えるためには、
1秒で上げた後、最大筋収縮位置に来たら、
すぐに下ろさずに、5~7秒静止維持させるのです。
5~7秒間は、重さに耐えながら筋肉を収縮させたままの状態をキープするのです。


そして、
最大筋収縮位置で5~7秒静止維持したあとに、下ろすようにするのです。
静止維持する時間は、初心者は5~7秒間を目安としますが、
慣れてきて筋収縮の感覚がつかめてきたら3~5秒間に短縮し、
その分重い負荷を使うようにします。

ここまでを整理すると、正しい動作とは、

①1秒で上げる 
   ↓
②最大筋収縮位置で、5~7秒静止維持させる
   ↓
③1~2秒で下ろす

となるのです。


なお、最大筋収縮位置は、
筋肉部位別に効果的なポジション
が決まっているのですが、
各部位別の最大筋収縮位置
については、後述で説明していきます。

「最大筋収縮位置での静止維持
」によって、筋肉の収縮率は通常の何倍にも強まります。
そして、
筋肉の収縮率が強まるほど、「成長ホルモン」の分泌量が増加し、
あなたの「筋肉増強パワー」が最大限に引き出されるのです。

初心者は、週3日の頻度でトレーニングすることによって、
トレーニングしない日も含めて、「筋肉増強スイッチ」が常時ON状態となり、
短期間での筋肉発達が可能となります。

理想のカラダをつくる

TwitterやFacebookのタイムラインで、ブログの更新を知りたい人は
Twittewで「フォロー」、Facebookの「いいね」ボタン
ここ↓↓↓をクリックするだけです。

blogram投票ボタン

ブログパーツ
スポンサーサイト

2012/02/19 14:30 | 筋肉を付けるためのポイントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。