筋トレとダイエット!ダイエッター必見 あなたが痩せられない本当の理由 4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

あなたが痩せられない本当の理由 4

ダイエットの真実をおさらいして、
「続かない、痩せられない」という悩みを解決するコラム。
第四弾の今回は、タンパク質の続編からです!!

      今日も1票ありがとうございます!!
☆Ctrlキーを押しながら、クリックしていくと速いです☆
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
とれまが
JRANK




【肉or魚】

答えは、魚に軍配、魚を中心に肉も適宜。

含まれる油脂の機能が異なるんです

タンパク質の摂取源としての優秀さを示す数値が、アミノ酸スコア。
肉、魚などの動物性タンパク質なら、ほとんどが最高の評点、100ということはご存知だと思います。
しかし、牛、豚、鶏のそれぞれでアミノ酸バランスは異なります。
タンパク質の摂取源を1つに絞ると、取りこぼしが生じるので、いろんな食材から摂取すべきですが、
ダイエット中は魚中心がベター。

というのも、食材ごとに含まれる油脂が異なるからです。
肉に含まれる脂は飽和脂肪酸が多く、体内のコレステロールや中性脂肪を増やします。

一方、魚に含まれる脂は、多価不飽和脂肪酸が多い。
代表的なEPAやDHAは、中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。

過度に魚を中心に偏ると、血液がサラサラになり過ぎて、ケガをした時に、出血が止まりにくくなることもあります。
飽和脂肪酸は、血栓を生じやすくする危険性を伴いますが、これが止血の役にも立っています。
油脂の摂取源という観点からも、動物性タンパク質は幅広くがベスト。
なお、豆類を筆頭に植物性タンパク質は、吸収率、利用効率がやや劣るので、メインではなく、副菜として。

前回のおさらい、飽和脂肪酸を減らすには、
①肉の脂身は,当然、取り除くこと!!
②買うなら、低脂質な赤身をチョイス。牛肉や豚肉なら、モモ肉かヒレ肉。鶏なら、胸肉かササミがオススメ。
③加工食品や外食よりも、自炊の方がコントロールしやすいってこと!!


私の場合は、1日30品目を目標に食べてます。野菜の種類が圧倒的に多いですが…。
食が細い人の場合、タンパク質の量が全然足りないので、やっぱりプロテインが必要になってきます。
プロテインのマーシャルワールド

アンダーアーマーアウトレット【最大40%OFF!】私も大人買いしました

【油は避けるor油も摂る】

油断ちダイエットの是か非か…

答えは、調理に使う油は控えめか、使わない!!

ダイエット期間中に使用する油脂は、1食当たり、小さじ1杯までが理想的。
でも、こんな少量ならむしろ油断ちしてしまいましょう。
肉でも、魚でも、食材の中には油脂が含まれているもの。
それを引き出す調理をするのがベスト。

ただ、ノンオイル調理を実際に試してみると、恐ろしいほど腹持ちが悪くなるのを痛感します。
だから、タンパク質をしっかり摂ることと、たくさん食べても太らない葉野菜を中心に、腹持ちを工夫することが必要。

摂取カロリーを下げる時に、わざわざ炒め油、揚げ油に頼るメニューを選ぶのは、本末転倒です。
調理法やメニューを見直して
【炒める、揚げる】→【焼く、煮る、蒸す】に替えてカラダもスッキリしましょう。

イタリア食材・全粒粉





TwitterやFacebookのタイムラインで、ブログの更新を知りたい人は
Twittewで「フォロー」、Facebookの「いいね」ボタン
ここ↓↓↓をクリックするだけです。

blogram投票ボタン
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

2012/03/15 09:47 | あなたが痩せられない本当の理由 基礎知識編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。