筋トレとダイエット!ダイエッター必見 筋肉増量&脂肪燃焼の食事法 7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

筋肉増量&脂肪燃焼の食事法 7

7. 正しいダイエットの考え方

一般的には、「ダイエット=カロリー制限」という考え方が浸透しているため、ダイエットというとすぐにカロリー計算が頭に浮かぶ人が多いと思います。

しかし、体脂肪を燃焼させるのに、いちいちカロリー計算する必要などまったくありません。
その理由について、少し詳しく説明していきましょう。

     今日も1票ありがとうございます!!
☆Ctrlキーを押しながら、クリックしていくと速いです☆
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
とれまが
JRANK


もし、カロリーを、ダイエットにおける唯一の要素と考えるなら、
例えば、バランスの取れた食事メニューで、2000キロカロリー摂るのと、
菓子やケーキだけで2000キロカロリー摂るのとでは、
体脂肪の増減は同じということになってしまいます。

しかし、実際には、菓子やケーキを食べた方が脂肪がつきやすくなります。
ここにカロリー計算の落とし穴があるのです。今日は、おやつにケーキを食べたから、夜はカロリーを減らすために、夕食を抜こうとか、そんな計算式が成り立ってしまうのです。

例えば、1日に2000キロカロリー摂取して、2500キロカロリーを消費した場合、500キロカロリー分の体脂肪が、必ず燃焼されるでしょうか?

残念ながら現実の体は、そのように単純に働きません。脂肪の増減を調整しているのは、カロリーだけでなく、様々な要素が関わっているからです。

数学の計算式のごとくとにかくカロリー計算さえ出来ていれば、何を食べてても脂肪は減っていくというのは、間違った考えなのです。

世間では、ある特定のものだけ食べる、「単品ダイエット」なども流行っていますが、食事の中身を考えずに、単に摂取カロリーだけを低くした場合、確かに体重は減って、見た目は細くなるかもしれませんが、実際には、脂肪が減ったのではなく、筋肉が減ってしまい、基礎代謝が下がることで、以前よりも太りやすい体質になってしまう罠が潜んでいます。

筋肉を付けながら体脂肪を落とそうとする場合、重要視しなければいけないのは、摂取カロリーではなく、食事の中身だということです。

筋肉を減らさずに体脂肪だけを減らすには、カロリーは気にせずに、食べる食材、食品を選んで、筋肉がおちないよう、ある程度の量を、しっかり食べるようにしなければいけません


金賞受賞マルチビタミン


<3個セット送料無料>【極生シトルリン】シトルリン史上<最強>の生サプリメント

ついに日本上陸!トップモデル愛飲サプリ【スリムモデリスタ】2箱


TwitterやFacebookのタイムラインで、ブログの更新を知りたい人は
Twittewで「フォロー」、Facebookの「いいね」ボタン
ここ↓↓↓をクリックするだけです。
blogram投票ボタン

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

2012/02/02 07:00 | 食事法COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。