筋トレとダイエット!ダイエッター必見 筋肉増量&脂肪燃焼の食事法 8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

筋肉増量&脂肪燃焼の食事法 8

8. 体脂肪が減る食事法

今回は、体脂肪が減る食事法について、書いていきます。
体脂肪を減らしたい、メタボ改善をしたい人は、実践してみてください。


    今日も1票ありがとうございます!!
☆Ctrlキーを押しながら、クリックしていくと速いです☆
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
とれまが
JRANK


一般的には、人間は糖質(炭水化物)をエネルギー源として使っていると思われています。
しかし、実は人間の体には、本来的には脂肪代謝能力が備わっており、もともとは、糖質よりも脂肪の方を優先的にエネルギーとして使っていたのです。

これは人類の歴史を考えても分かることですが、大昔の原始人は、米がなかったので肉を主食として生きてきました。

そして、肉の中に含まれる脂肪を主なエネルギーとして使っていたのです。アラスカに暮らすイヌイットなどは、今でも生肉や生魚を主食とし、糖質はほとんど食べずに生きています。

ところが、稲作が始まったことで、肉を主食とする生活から、米を主食とする生活に変ってきたため、人間の体も、糖質をエネルギーとして優先的に使うように変わってきてしまったのです。

そして、糖質代謝が活発化したことで、いままで優先的にエネルギーとして使われていた脂肪はほとんど使われず、どんどん蓄積されるようになってしまったのです。

つまり、体に蓄積された余分な脂肪をエネルギーとして使うためには、単純に考えれば、糖質を多く摂る食生活から、肉食中心の食生活に変えれば良いということになります。

糖質を摂らなければ、体はエネルギー源を蓄えられた脂肪に求めるようになりますので、脂肪代謝が活性化して、体脂肪が減ってくるのです。

アスリートの中でも、特に体重制限が厳しいボクシングの選手や、筋肉を目立たせるため極限まで脂肪を落とすボディビルダーの人たちは、これに近い方法で糖質の摂取を制限し体脂肪を極限まで落としているのです。

もちろん、新たな脂肪の蓄積を防ぐためには糖質のみならず、脂肪全体の摂取もある程度は制限しなければなりません。体に蓄えられた脂肪がある限り、新たに脂肪を供給する必要はないからです。

要は、脂肪代謝を高めるには、糖質と脂肪の摂取を制限し、タンパク質中心の食事内容にすればよいということです。
食事で多くのタンパク質を摂っていれば、ダイエット中でも、脂肪を燃やしつつ、筋肉の増強、維持が可能となるのです。


プロテインのマーシャルワールド


サプリ専門店:すぐ使える500円分のポイント進呈♪


blogram投票ボタン

TwitterやFacebookのタイムラインで、ブログの更新を知りたい人は
Twittewで「フォロー」、Facebookの「いいね」ボタン
ここ↓↓↓をクリックするだけです。
関連記事
スポンサーサイト

2012/02/02 07:31 | 食事法COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。